音声ブラウザ専用。こちらより記事見出しへ移動可能です。クリック。

日経プレスリリースサイトは移転・リニューアルしました

最新のプレスリリースはこちらでご覧ください。


発表日 2016/12/26 企業名 ヤフー(株)  |  株式コード:4689  |  ホームページ: http://www.yahoo.co.jp/

ヤフー、スマホアプリ「myThings」に「LINE」チャンネルを追加

IoT製品やWebサービスを組み合わせて新しい便利な使い方を生み出すアプリ「myThings」、連携サービスに「LINE」を追加
〜寒くなる日に家族のLINEグループへ「今日は厚手のコートを着てね」とメッセージを送るなど、コミュニケーションに溶け込んだ「myThings」の活用が可能に〜

「myThings」アプリ:https://mythings.yahoo.co.jp/


 ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は本日、IoT製品やWEBサービスと組み合わせて新しい便利な使い方を生み出すスマートフォンアプリ「myThings」に、「LINE」チャンネル(※1)を追加しました。これにより、「myThings」で連携中の「Yahoo!天気」「ヤフオク!」「位置情報」「Akerun」など全51個のチャンネルと組み合わせて、「LINE Notify」(※2)を介して「LINE」上で自分宛もしくは自分を含むグループ宛にカスタマイズした通知メッセージを受け取ることができるようになりました。

 ※1:「myThings」アプリで利用可能なIoT製品やWEBサービスのこと。
 ※2:「LINE Notify」は、APIにより連携することで、外部Webサービスやアプリケーションなどからの通知をLINEアカウントのメッセージを通じてユーザーに配信できるサービスです。

 たとえば、「Yahoo!天気」と組み合わせて、寒くなる日だけ家族のLINEグループに「今日の最低気温は○度。寒いから厚手のコートを着てね」と送ったり、温湿度を取得可能なデバイス「iRemocon」と組み合わせて、「現在お部屋の湿度は○%です。保湿をしっかりしましょう」といった形で通知を送るなど、「LINE」上のコミュニケーションに溶け込んだ形で様々な情報を受け取ることができます。多くのユーザーが日常的に利用している「LINE」チャンネルの追加により、モノやウェブサービスからの情報をより身近に受け取れるようになり、それぞれの価値を一層体感していただけます。

 *参考画像は添付の関連資料「参考画像1」を参照

▼LINE上の画面イメージ

 *参考画像は添付の関連資料「参考画像2」を参照

▼「myThings」公式組み合わせアイデアブログでも活用例をご紹介しています
 https://yahoo.jp/Je3-Yh

【「myThings」アプリについて】
 「myThings」アプリは、メーカーとは異なるインターネット事業者ならではの視点でユーザーにIoTの利便性を体験してもらうため、2015年7月にYahoo! JAPANが公開したアプリです。「myThings」アプリでは、モノ(IoT製品)とサービス(Webサービス・アプリ)、サービスとサービス、モノとモノを組み合わせて、オリジナルの便利な使い方を生み出すことができます。





日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について