音声ブラウザ専用。こちらより記事見出しへ移動可能です。クリック。

最新リリースへ戻る IT 流通 金融 メーカー サービス 建設・住宅

業  種 メーカー 通信機器・精密機械 発表日 2013/06/19
企業名 (株)リコー  |  会社概要  |  株式コード:7752  |  ホームページ: http://www.ricoh.co.jp/

このページをプリントする

リコー、各種帳票に対応する基幹業務用モノクロプロダクションプリンターを発売

基幹業務用プリンター「RICOH Pro 6100シリーズ」を新発売
〜各種帳票に対応する幅広い用紙対応力を実現〜


 株式会社リコー(社長執行役員:三浦善司)は、基幹業務用モノクロプロダクションプリンターの新製品として「RICOH Pro 6100シリーズ」を発売します。
 新製品は、2006年8月に発売した「IPSiO SP 9100Proシリーズ」の後継機として発売するもので、圧着紙や配送ラベルなどの特殊用紙への印刷ニーズにお応えする幅広い用紙対応力を実現しています。また、短納期や期間集中の業務にも対応する高生産性と高耐久性を備えています。さらに、豊富なオプションを用意しており、大量出力業務を支えます。この他にも、優れた操作性、環境負荷低減に貢献する設計を実現しています。
 新製品は、流通業、製造業、金融業、自治体、医療といった業種を中心に、さまざまな帳票出力業務でその性能を発揮します。


 製品名:RICOH Pro 6100
 連続プリント速度(A4ヨコ):75ページ/分
 保守料金体系:年間保守契約
 標準価格(消費税別):194万円
 発売日:2013年7月10日
 目標販売台数:300台/年

 製品名:RICOH Pro 6100HT
 連続プリント速度(A4ヨコ):75ページ/分
 保守料金体系:カウンター方式保守契約
 標準価格(消費税別):194万円
 発売日:2013年7月10日
 目標販売台数:300台/年


 ・製品画像は添付の関連資料を参照


<新製品 RICOH Pro 6100シリーズの主な特徴>

1.基幹業務の出力ニーズに応える幅広い用紙対応力
 ・リコー独自技術による定着ユニットの採用により、各種帳票出力でニーズの高い圧着紙や配送ラベルなどの特殊用紙への出力が可能(*1)です。
 ・オプションの「A4LCT RT4010GH」は用紙の水平搬送を実現しており、これにより厚紙や特殊用紙の大量出力時においても高い用紙対応力を発揮します。

 *1 ご利用に際しては販売担当者へ事前にご確認ください。

2.短納期や期間集中の出力ニーズに応える高い生産性を実現
 ・連続プリント出力速度(A4ヨコ)は、片面/両面ともに毎分75ページの高速を実現しています。
 ・ファーストプリント速度は4.7秒以下で、1枚目からストレスを感じさせない高速性能を発揮します。
 ・月間最大15万ページ、トータルで900万ページの高耐久性を実現。基幹業務用のプリンターとして、高いパフォーマンスを発揮します。

3.大量出力をサポートする給排紙システムを装備
 ・オプションの「A4LCT RT4010GH」を装着すれば4,000枚の用紙を追加収納でき、最大6,650枚の大量給紙が可能です。
 ・給紙トレイ(1〜4段)に南京錠を取り付けることができる鍵穴を用意。機密性の高い用紙を使用することが多い基幹業務の出力において、大切な用紙の持ち出しを防止します。
 ・排紙部は、フィニッシャーか排紙トレイのいずれかの装着が可能で、出力ボリューム、用途、ご使用環境に合わせて選択が可能です。

4.使いやすさを追求し、優れた操作性を実現
 ・操作部に8.5インチのフルカラー液晶タッチパネルを搭載。視認性を向上させるとともに、ジョブの一覧が表示できるほか、さまざまな設定が簡単に行えるなど操作性も大幅に向上しました。
 ・トナー交換や万一の紙詰まり処理の際、アニメーションによる操作ガイダンスを表示。不慣れな方でも簡単に処理することができます。
 ・オプションの「オペレーターコールライトAL5000GH」を装着することにより、トナー切れや万一の紙詰まりなどの異常発生を音と光でお知らせします。これにより、離れた場所からもマシンの状態の確認が可能です。

5.さまざまな出力業務に対応する多彩な印刷機能を搭載
 ・ユーザー名、ジョブ名、ホスト名、ジョブ印刷日時を印刷したバナーページの出力が可能。バナーページを印刷ジョブの前に挿入することで、印刷物の仕分け作業を容易にします。
 ・仮想プリンター機能を使えば、事前に登録しておいたさまざまな印刷設定条件(給紙トレイの指定、両面印刷の有無など)を呼び出して、印刷することが可能です。
 ・イメージオーバーレイ印刷により、プレ印刷紙を使わずに、プリンターにあらかじめフォームデータを登録しておき、印刷時にはこのフォームデータと印刷データを重ね合わせて印刷できます。

6.環境負荷の低減に徹底的に配慮した設計
 ・部品の一部に、100%鉄スクラップを原料とする電炉鋼板を採用。持続可能な社会構築に向け、リコーは地球から新たに採取する資源を極力減らしていく活動を積極的に進めています。
 ・バイオマス資源を原料とする植物由来プラスチックを主電源スイッチのクリアカバーに採用。製品のライフサイクルの中で排出されるCO2の削減に貢献します。このほかにも、「エコマーク」を取得し、「国際エネルギースタープログラム」、「グリーン購入法」にも適合しています。


<新製品RICOH Pro 6100シリーズの主な仕様>

 ・添付の関連資料を参照


※Microsoft、Windows、Windows XP、Windows Vista、Windows 7、Windows 8は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※Intel、インテル、Celeronは、米国およびその他の国におけるIntel Corporationの登録商標または商標です。
※Adobe、PostScriptは米国およびその他の国におけるAdobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。
※この他、ニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。


|リコーグループについて|
 リコーグループは、オフィス向け画像機器、プロダクションプリントソリューションズ、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービスなどを世界約200の国と地域で提供するグローバル企業です(2013年3月期リコーグループ連結売上は1兆9,244億円)。

 人と情報のかかわりの中で新しい価値を生む製品、ソリューション、サービスを中心に、デジタルカメラや産業用の製品など、幅広い分野で事業を展開しています。高い技術力に加え、際立った顧客サービスや持続可能社会の実現への積極的な取り組みが、お客様から高い評価をいただいています。

 想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine.change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。

 より詳しい情報は、下記をご覧ください。

 http://www.ricoh.co.jp/about/



<お客様のお問い合わせ先>
 お客様相談センター
 TEL:050−3786−3999

このページをプリントする


最新リリースへ戻る IT 流通 金融 メーカー サービス 建設・住宅


日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について