音声ブラウザ専用。こちらより記事見出しへ移動可能です。クリック。

最新リリースへ戻る IT 流通 金融 メーカー サービス 建設・住宅

業  種 金融 投資信託運用会社 発表日 2013/05/21
企業名 三井住友アセットマネジメント(株)  |  ホームページ: http://www.smam-jp.com/

このページをプリントする

三井住友アセットマネジメント、「北米エネルギーファンド(毎月決算型)/(年2回決算型)」を設定

「北米エネルギーファンド(毎月決算型)/(年2回決算型)」募集・設定について


 三井住友アセットマネジメント株式会社(代表取締役社長:前田良治)は、2013年6月28日に新しく「北米エネルギーファンド(毎月決算型)/(年2回決算型)」を設定いたしますので、お知らせいたします。当ファンドは5月31日より、SMBCフレンド証券にて販売されます。

 当ファンドは投資信託への投資を通じて、主として北米のエネルギー関連企業の上場株式等に投資し、信託財産の中長期的な成長を目指して運用を行います。
 エネルギー関連企業とは、原油、天然ガス等の天然資源の「探査、採掘、生産」、「輸送、貯蔵」、「精製、製造、販売」等のエネルギー・天然資源に関連する事業を行う会社をいいます。投資対象ファンドでは、商品市況に影響されにくく、エネルギー輸送量の増加により収益が拡大する安定的なビジネスモデルを有する、川中(エネルギーインフラ)企業を中心に投資します。


●ファンドの特色

 ◇参考画像は添付の関連資料を参照

 (1)投資信託への投資を通じて、主として北米のエネルギー関連企業(*1)の上場株式等(*2)に投資します。
  ○ファンド・オブ・ファンズ方式で運用を行います。
  *1:エネルギー関連企業とは、原油、天然ガス等の天然資源の「探査、採掘、生産」、「輸送、貯蔵」、「精製、製造、販売」等のエネルギー・天然資源に関連する事業を行う会社をいいます。
  *2:上場株式のほか、MLP等にも投資します。MLPとは、マスター・リミテッド・パートナーシップ(Master Limited Partnership)の略称です。米国で行われている共同投資事業形態の1つで、米国の金融商品取引所で取引されています。当ファンドは、エネルギー・天然資源に関連する事業を行っているMLP等に投資します。

 (2)エネルギー関連企業への投資に精通した、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント・グループ(*3)の運用ノウハウを活用します。
  ○ファンドの投資対象とする「GS北米エネルギーインフラファンド(適格機関投資家専用)」の運用はゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント・グループが行います。
  *3:投資対象ファンドの委託会社であるゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社、運用の委託先であるゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント・インターナショナル、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント・エル・ピーおよびゴールドマン・サックス(シンガポール)ピーティーイーの4社を総称してゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント・グループといいます。

 (3)実質外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジを行いません。

 (4)「毎月決算型」は毎月、「年2回決算型」は年2回(6月、12月)決算を行い、収益分配方針に基づき分配を行います。
  ※「毎月決算型」は、毎年1、4、7、10月の決算時には基準価額水準等を勘案し、配当等収益を中心とした分配に加え、売買益(評価損益を含みます。)等からも分配する場合があります。また、第3期(2013年9月18日)決算からの分配を目指します。
  ○分配金額は、委託会社が収益分配方針に基づき、基準価額水準、市況動向等を考慮し決定します。ただし、委託会社の判断により分配を行わない場合もあるため、将来の分配金の支払いおよびその金額について保証するものではありません。

 ※資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。


●スケジュール
 お申込期間
  :当初申込期間
   2013年5月31日から2013年6月27日まで
   設定日(2013年6月28日)以降は、申込不可日(*)を除き、原則としていつでもお申し込みいただけます。
 設定日:2013年6月28日

 *申込不可日:ニューヨークの取引所またはニューヨークの銀行の休業日に当たる場合には、購入、換金の申込みを受け付けません。


 ※当資料の最終ページにある「当資料のご利用にあたっての注意事項」を必ずご覧下さい。


 ◇以下、リリースの詳細は添付の関連資料を参照


このページをプリントする


最新リリースへ戻る IT 流通 金融 メーカー サービス 建設・住宅


日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について